緑川 英樹さん
会社員・広告制作会社勤務
双葉郡の楽しさをフリーペーパーで発信したい


 

石川町出身で、現在は広告代理店に勤めながら、双葉郡の除染についての情報発信にあたっている緑川英樹さん。震災後から今まで一貫して双葉郡に関わる緑川さんは、これから帰還の進むであろう双葉郡の出来事や人を、もっとたくさんの人たちに知ってもらいたいと、フリーペーパーの発行を考えているそうです。しかし、1人ではブレイクスルーできなかったそうで、様々な人の意見を伺いながら魅力あるコンテンツを作りたいとハマコンに参加。

双葉郡というと、震災と原発事故に関するネガティブな情報が多く、さらに「双葉郡」の人や取り組みを伝えるようなメディアはあまり多くありません。震災に対する情報そのものが減り、風化も問題視されています。そこで、緑川さん、早速自分でフリーペーパーのイメージを膨らませ「leaf(リーフ)」というタイトルのペーパーを構想。アイデアを温め続けてきたそうです。

ブレストでは、協力者から様々なアイデアが寄せられ、双葉郡の面白い人たちをインタビューしながら、その人たちの周囲の出来事を紡ぎ合わせ、双葉郡の今を伝えていけるようなフリーペーパーにしたいというビジョンが決まりました。いわき未来会議をはじめ、様々なコミュニティで活躍する緑川さん。一歩動き始めたら魅力あるコンテンツが次々と生まれそうです。

 

双葉の「楽しさ」をカタチにしたフリーペーパーを作りたいと語る緑川さん。

双葉の「楽しさ」をカタチにしたフリーペーパーを作りたいと語る緑川さん。

 

双葉郡の取り組みに関わる参加者も多く、双葉をどう伝えるかはみんなの関心事。

双葉郡の取り組みに関わる参加者も多く、双葉をどう伝えるかはみんなの関心事。

 

当日はラフデザインを持ち込んだ緑川さん。スタートラインにすでに立っており、実現も高そうです。

当日はラフデザインを持ち込んだ緑川さん。スタートラインにすでに立っており、実現も高そうです。

 

●ブレストテーマ

フリーペーパーに盛り込むコンテンツをみんなで考えたい。

●緑川さんが絞り込んだアイデア

人や写真を中心に盛り込んだメディアにする。

●ベビーステップ

双葉の魅力ある人に会いに行く。

双葉郡の除染の情報発信に関わる緑川さん。これまでに関わってきた方も多く、すでに顔見知りの皆さんも多くいらっしゃったようです。しかし、具体的な自分のプランを話すは始めてということで、皆さん真剣な思いで緑川さんをフォローしたいと意見を出し合いました。すでに双葉郡出身で各方面で活躍されている方ともつながりのある緑川さんですので、動き出せばあっという間に形になってしまうかもしれません。今後の展開に期待したいですね。

 

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA