第7回ハマコンプレゼンターでいわき市議会議員の吉田みきとさんが訴えたいわきの医療の問題。当日のプレゼン&ブレストでは、医師をつなぐ「メディカルカフェ」イベントの定着というアイデアが絞り込まれましたが、6月16日に2回目となる現役医師との交流イベントが開催されました。

交流会が行われたのは、前回に引き続き、いわき市平のTATAKIAGE Japanコワーキングスペース。会の代表であり、ごちそう届けたい隊長の宮野由美子さんから、開会の挨拶の後、この日も、いわきの医師たちを応援したいという女性たち手づくりの料理で、激務が続いている医師たちをねぎらいました。

提供されたのは、筍のまぜごはん、手づくり焼売、にらまんじゅう、塩辛、サラダ、フルーツ盛り合わせ、鳥手羽元のパイナップル煮、サンマの梅煮、フィリピン風チンゲン菜の炒め物、つけたまご、ひじき煮、切り干し大根、ごまめなど。

もちろん、単なる食事会にせず、意見を交換し合うのがこの会の趣旨。毎回、自分が考える意思不足解決策や、現状理解のためのレクチャーが即興的に開かれ、いわきの医療の問題を把握するためのまたとない機会になっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA女性たちの料理で疲れも吹っ飛ぶ? 料理に舌鼓を打つ先生たち

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA会の事務局を務める(右)吉田みきとさん。この日はいわきアロハで登場。医師たちから本音を引き出した。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA野菜と魚中心のお料理。ヘルシーで愛情たっぷりの料理が医師たちの胃袋をわしづかみに。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA会では、常磐病院の新村先生のレクチャーも。現場で医療に携わる方達の貴重な話に耳を傾けた。

 

以下、事務局の吉田みきとさんからのレポートです。

前回に引き続き、複数の病院から若手病院勤務医師に参加頂くことができました。サポートメンバーが提供する手料理が美味しかったと感想も頂き、改めて開催した意義があったと感じています。やはり、このような親近感のある場を提供し、いわきでの生活が楽しかったと思える瞬間を作り出していくことが大事だと改めて感じています。

医師たちがホームに戻り、同僚や後輩に、いわきの良い思い出を語ってもらえたら、次の派遣候補者がいわきに来やすくなると思います。今後は、参加して頂けると病院の数を増やし、若手医師が継続参加するための動機付けの仕掛けを用意したいと思います。今後も、皆さんのご協力よろしくお願いいたします。

次回の予定もすでに決まっています。ぜひお越し下さい。
●日時:8/25(木)19:00~
●場所:いわき市平 タタキアゲジャパンコワーキングスペース

 

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA