よさこいをもっと普及させ、一緒に踊るプレイヤーを育てたい
若井 健一さん

 

3組目のプレゼンターは、よさこいチーム「いわき風ぐるま」代表の若井健一さん。よさこい歴13年を誇る若井さん。これまで数々のお祭りやイベントで、その自慢のよさこいを披露してきましたが、ここ数年、特に最近は若い世代の人手不足に悩んでいるとのこと。そこで、一緒に踊るプレイヤーを育てたいという思いで、浜魂に参戦しました。

よさこいは、地域の伝統芸能を知り、人間関係を深め、個人の鍛錬の場にもなると横井さん。さらに身体だけではなく、友人ができたり、ストレス発散にもなり、出会いの場としても機能するとのこと。これまでよさこいに没頭してきたから横井さんだからこそ、その魅力を力強くプレゼンしていきます。

思いを受け取った皆さんも真剣にブレスト。その結果、まずはよさこいに参加するとこんなメリットがある、ということを端的に伝えるため、よさこいを取り入れた新しい競技を作る、というテーマを選びました。早速、よさこいの動きを取り入れた「ダイエットよさこい」の動作を考えるそうです。今後の展開が楽しみですね!

18699735_760637237440743_2554850326179804197_o

よさこいの魅力をパワフルに語る横井さん

18671785_760637234107410_4211764343417042009_o

若い世代の獲得。市内の様々な団体に共通する課題かもしれません

18673226_760637284107405_43912037253307158_o

よさこいの価値を広げるための活動が必要と横井さん

 

プレゼンテーマ:一緒に踊るプレイヤーを育てたい

採用したアイデア:よさこいを取り入れた新しい競技をつくる

ベビーステップ:よさこいでダイエットできる動きを考える

よさこいについてよく分かるプレゼンでした。これまではおぼろげなイメージしかなかった「よさこい」が、少し身近に感じられたはずです。若者の獲得はどの団体でも共通する課題です(アマチュアプロレスのプレゼンでもそうでしたね)。新しい競技や異なるジャンルの動きを取り入れ、競技そのものを「拡張していく」ということが、鍵かもしれません。
よさこいチーム「いわき風ぐるま」の情報はこちらから↓
▽いわき風ぐるま(フェイスブックページ)
https://www.facebook.com/ikazaguruma/

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA