福島を舞台に多様な人材・組織・地域がつながるプラットフォーム「Fukushima&Company」を作りたい!

菅家元志さん(福島県郡山市) -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 【現状の課題や想い】 ローカル企業のDX推進支援や新規事業開発を進める中で、IT系の人材不足を日々実感しているという菅家さん。一方、実は、「関係人口日本一」の福島県。この関係人口を有効活用して地域課題を解決するため、県外のIT人材が地域と関われる新しい仕組みを作りたいと考え...

女性が、”そのままの自分”としてつながりを持てる「第3の場所」を作りたい!

藤田瞳美さん(福島県石川町) -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 【現状の課題や想い】 心理カウンセラーとして活動中の藤田さん。自身の体験から、カウンセリングというスタイルとは別に、「もっと気軽に相談できる場=第3の場所」を作りたい、と考えるようになりました。心理カウンセリングはハードルが高いけ...

田人町の自然・伝統を通して”学びのある”体験教室を提供していきたい!

下條真輝さん(いわき市田人町) -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+ 【課題や想い】 いわき市田人地区地域おこし協力隊として活動中の下條さん。町おこしと子どもが自由に自主性を持って遊べる自然体験活動などの企画・提供をしています。地域おこし協力隊の任期終了後の2022年度に起業し、田人町の自然・伝統...

オンラインミニ浜魂開催レポート

 浜通りで本気でアクションする人を地域のみんなで全力応援する、全員参加型のプレゼン&ブレストイベント「浜魂」。今回は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、登壇者を一組に限定し、オンライン上でディスカッションの場を設ける「オンラインミニ浜魂」を初開催しました。 ◆「オンラインミニ浜魂」開催概要 【開催日】2020年7月13日(月)20:00~21:30(19:45ミーティングルーム開放) 【会...

子供から大人、高齢者すべてが笑顔になれる場を作りたい! 「多世代交流型ボードゲームカフェ」で地域の問題解決

i-step株式会社 代表取締役/藤井 秀徳さん 現状の課題や思い 「すべての人に健康と笑顔と元気を」をビジョンに、高齢者の介護や障がいを持つお子さん向けのサービスを提供しているi-step株式会社。 保険サービスではカバーしきれない領域に対応するため、様々な人が集まり、子供も大人も高齢者もつながることで、楽しく過ごしながら問題解決ができる「多世代交流型ボードゲームカフェ」の立ち上げを予定しています...

防災×園×地域、園を中心とした地域防災コミュニティを構築しよう!

学校法人明照学園/吾妻学さん 現状の課題や思い 2019年の台風19号では、学校法人明照学園の運営する「九品寺附属平窪幼稚園・くほんじひらくぼ保育園」も甚大な被害を受けました。 「九品寺附属平窪幼稚園・くほんじひらくぼ保育園」では、被災前よりもよりよく、そして、気候変動等に対応できるような園づくりを進めるため、園舎2階部分に避難所機能を設けて地域防災の拠点になるような施設に改修するなど、園を中心にし...

時間・空間・背景を超えて関わる全員が活躍できる仕組みをデザインし、新しい参加型モデルを発展させたい!

一般社団法人ふるさとと心を守る友の会 代表理事/谷咲月さん 現状の課題や思い 大熊町の帰還困難区域の「もーもーガーデン」で、被災牛を生かして地域のエコ草刈りを実施している「一般社団法人ふるさとと心を守る友の会」。 草をお腹一杯食べてもらうことで、餌代を浮かす一方、人の草刈りの手間を省き、そのままだと山林化してしまう農地を回復させ、地域の景観美化や環境保全などにつなげる、人・動物・その他自然、それぞれ...

海辺の町の魅力を活かし新たに作り出す、10年後・50年後の中之作ライフプランづくり

NPO法人 中之作プロジェクト理事/豊田善幸さん 現状の課題や思い 震災後、次々と失われていく古き良き古民家の町並みを目の当たりにし、津波被災した築200年の古民家「清航館」をDIYで修復したのが「中之作プロジェクト」の始まりです。 発足以来、拠点であるいわき市中之作・折戸地区において、古民家・空き家の再生と、その建物を活用する事業を通して、地域のにぎわいや癒しの場を提供したり、新しい港町のライフス...

インバウンド観光客がいわきを最高に楽しむための体験型観光コンテンツを作ろう!

ゆにいく株式会社/代表取締役 小山 いずみさん 現状の課題や思い ゆにいく株式会社は、いわきの土地と人の中にある「ユニーク」な価値を発見し、生かすことで、まちと人をいきいきと輝かせることを目的とする会社です。 いわきにはまだまだ知られていないディープで多様な文化と魅力がたくさんあります。外国人観光客がその魅力を体感し、世界中に発信することで、いわき市を「死ぬまでに一度は訪れたい場所」にしたいと考えて...

町の未来をつくる人材を地域に呼び込むための事業をプロモートしたい!

一般社団法人 とみおかプラス/山根 麻衣子さん 現状の課題や思い 2017年4月に一部の避難指示が解除された富岡町の人口は、現在約1,000名。震災前と比べるとかなり減少してしまいました。 「とみおかプラス」は、その富岡町でまちづくりの担い手となる人材を地域に呼び込む事業を行い、現在は、「関係・交流人口の拡大」に向けて、視察・研修ツアーの開発に取り組んでいます。 これからの富岡町を魅力的な町に...